男性の生え際後退

男性の生え際の後退は、M字型に薄くなってくることが多いですね!
うちの家族や親戚も、見事なまでにM字型!

これは、頭皮の奥にある組織が影響しているようですね。
簡単に言うと、ハゲる要素がM時部分や頭頂部に埋め込まれているということなのです。

逆に耳の上とか、後頭部にはその組織がないそうなんですね。
だから、かなり髪が薄くなっている人も、この部分は髪があるんだそう。

考えてみたら、ハゲかたって、何通りかですよね。
皆に通っているというか。

男性型脱毛というのがAGAということですが、多くの男性の薄毛は
これにあたるということです。

逆にAGAじゃない脱毛というのは、病気によるもの、薬の副作用、
高齢の方の脱毛、ということなんだそうです。

20代とか40代くらいまでの脱毛は、ほとんどAGAになりそうですね~。

男性の生え際が後退すると女性よりも目立ちますね。
女性は髪の毛を前に下ろすことができますが、男性はそうはいかない・・・
隠しようがないから、額がどんどん後ろまで広がって行く感じになります。

前髪をおろしても、M字の部分に髪の毛がないとやはり不自然になりますね。
額の両際はどうしてあんなに深く切れ込むんだろう、というくらい
髪がなくなっていくことが多いですね。

生え際でも頭頂部でも、薄毛には変わらないので、ケアの方法は同じですね。
ハゲているともう髪がない、と思うかもしれませんが、よーくみると
産毛みたいな細くて短い髪が生えていることが多いのです。

そういう毛が生えていれば、ちゃんとした髪の毛が生えてくることは
期待できるということです。

これは嬉しいですよね!

今はAGA治療で、髪が元通りに近く増えている人も多いです。
治療にはお金もかかるので、いきなりAGAクリニックに行くことは
躊躇するかもしれませんが、気になって仕方ないという場合は
行ってみるといいかもしれません!

私の家族も若いのに薄毛になって、常に気になっていたので
AGAクリニックに行きました。

専門医にお話を聞くだけでも、自分の薄毛具合がどんなものかわかるし、
治療の費用や期間なども把握することができます。

まぁ、AGAクリニックというのはまだ歴史がないので、治療費も
決まりがあってないようなものらしいです。
中には高額の治療費を請求するところもあるそうなので、
そこは注意が必要ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ